THE CRYING GAME, Jaye Davidson, 1992, © Miramax

『クライング・ゲーム』 ニール・ジョーダン監督   ☆☆☆☆

Netflixで鑑賞。のイギリス映画である。公開当時私はもう渡米していたが、日本ではこの映画はある「驚愕の秘密」を売り物として宣伝されたらしい(アメリカでどうだったかは知らない、公開当時にはこの映画の存在を知らなかったからである)。私も日本人の友人からそれを聞いて、あとでレンタルビデオで鑑賞した記憶がある。そして宣伝通り、ちゃんと例の箇所でびっくりした。

Intel SR2L8 Core i5-6500T LGA 1151 2.5GHz デスクトップCPU

ハンドプレス(裸圧着端子・スリーブ用)330mm マーベル MH-22








Marni - Marni マルニ パイソン革 クラッチ バッグ

この映画は煎じ詰めれば風変りな愛の寓話であり、それが一貫して観客に語りかけてくるのは愛の痛みである。それは映画の冒頭、オープニング・クレジットで流れる名曲「男が女を愛する時」によって明確に宣言される。そして開幕早々登場するのは、どこかのうら寂しい遊園地ではしゃぐ黒人兵士と金髪女性のカップル。黒人兵士ジョディ(フォレスト・ウィティカー)はすぐに数人の男たちによって暴力的に拉致され、IRAの人質として監禁される。女はIRAの罠だったのだ。ジョディはIRAの要求を英国政府が呑まない時には処刑される運命にある。縛られ、頭に袋をかぶせられた彼の見張り番になったのは、IRAの兵士ファーガス(スティーブン・レイ)。彼がこの映画の主人公である。

特別価格JoyceBoyce.com 8x10 25th Anniversary Portrait Picture/Photo Gift Keepsake F好評販売中

後半、舞台はロンドンに移り、髪を切って名前も変えたファーガスがディルの働く美容室へやってくる。ジョディから、自分が死んだらディルに会って元気にしていることを確認してくれと頼まれていたからである。が、ファーガスはジョディと自分の関係を隠したまま、妖艶なディルに惹かれていく。しかしディルのアパートで愛を交わそうとした時、ディルが女ではなく男であることを知る。ファーガスは嫌悪感から嘔吐し、引き止めるディルを無視して立ち去る。翌日、謝罪のためにディルを訪れたファーガスは、ディルを女として愛することはできないが傷つけたくないと告げる。その一方で、ディルはファーガスを愛することを止めようとしない。そんなある日ファーガスの前にかつてのテロリスト仲間が現れ、ディルを傷つけたくなかったら暗殺計画に協力しろと脅迫する…。

京都機械工具(KTC) ツールチェスト 3段3引出し シルバー SKX0213S (2020-21 SK品)

私はこの映画を最初に観た時、なぜヒロインのディルを同性愛者の男性に設定したのか分からなかった。普通に女性であっても物語は成り立つし、その方がむしろ「驚愕の事実」などという余計な雑音がなくなってスッキリする。しかし、今回久しぶりに再見してその理由が分かった。ディルはやはり同性愛者でなければならない。それも男であることが一見して明らかなゲイではなく、女と見まがう美貌とフェミニンな空気の持ち主、けれども体は男性、という、性を超越した不可思議な存在でなければならなかったのである。

GRAVITY GOLF/WACWAC-7/ワクワクセブン/ドライバー/Fire Express LIGHT 45/ファイアーエクスプレス/コンポジットテクノ/QUADRA/カスタムクラブ/代引NG

ディルは男でも女でもない異形の存在であり、いわばこの世界の秩序の外にいる精霊的存在である。ディルは女性として男を愛する。が、男から愛される対象にはなれない。彼を愛そうとしたファーガスは、彼に好意を抱いているにもかかわらず嘔吐してしまう。

ラグ カーペット 『コルム』 ブラウン 約200×250cm ホットカーペット対応 4513989〔代引き不可〕〔同梱不可〕 トレード

が、今回再見して思ったのは、ジェイ・デビッドソンは女とみまがうとか美形とかいうよりも、実はその無垢なオーラこそがもっとも重要だったということだ。妖艶なメイクとドレスで登場する前半よりも、終盤髪を短く切られ、クリケット用の白いセーターを着たノーメイクの彼の方が、男でも女でもないという真に妖精的な存在感を放っていた。その髪を切られたディルがファーガスに「愛していると言って」と銃を突きつけ「嘘でもうれしい」と涙を流す場面は、愛の痛みと哀しさをあますところなく表現した秀逸なシークエンスである。

(まとめ) 林製作所 ZIP LINKII用 安定脚 YS-OP01 1個 〔×5セット〕

映画が終盤に向かうにつれ、最後にディルは死ぬんじゃないかという予感が高まっていくが、意外にもラストはほっとさせるものとなっている。おそらく物語の定石としては、愛の精霊たるディルは人間たちの争いの犠牲になって死なねばならず、そうすることでこの物語は悲劇的に完結しただろう。そうしなかったことがこの映画のなんとなく中途半端な、今ひとつメリハリに欠ける小粒感につながっている気もするが、しかしまあ一人の観客としては、ディルが死ななくて良かったとホッとしている自分がいる。だからこれはこれでいいのだ。

(まとめ)毛糸ままあむ#56 ブラウン(×30)

【送料無料/即納】 カーペット、ラグ関連 81932600 レッド 約Φ180cm アステカ い草センターラグ(裏貼り) カーペット、ラグ

メールアドレスが公開されることはありません。

FLAVARICH.COM RSS